自家製ワインを作ろう!庭のぶどうがイイ感じに色づき始めました

8月上旬、食べごろになってきた庭の品種不明ぶどうを使って手作りワインを作ってみます。ここはイタリアですから、もちろん日本の酒税法は適用されず”アルコール度数1%未満”を守らなくても良いのは作り手としてのテンションが上がります。まずは情報収集から!

Googleスポンサーリンク

旅行から帰ったら色づいていた

 こんにちは&お久しぶりです(^◇^)

 サルデーニャ島への旅行から帰ってしばらく経ちますが、家の事やビデオ整理など忙しく今頃の更新となっています。

 サルデーニャの海…。

 すんごく、すんごーっく綺麗でした!!!

 もう、プールの水かと思うくらい透明度が高く、小さな魚も余裕で見えるんです(*´ω`)

今回の旅行の様子はYoutube『おぽんてこチャンネル』へ数本アップしましたので良かったらご覧ください(子供が自己満足でやっているので登録者数が少なく弱者ですが)

 ところで、10日ほど家を空けた間に我が家のぶどうのほとんどが色変わりを始めていてビックリ!

 5,6年お世話していて初めての事でテンション上がりまくりですw

オーブンシートの雨よけ効果

 前回、房に巻いたオーブンシート。 雨よけとして効果を発揮するかどうかの実験でオーブンシートを巻いたものと巻かなかったものの違いですが、巻かなかったものも裂果はごくわずかでした。

 一房だけ裂果が激しいものがありましたが、それでも4粒程度。

 オーブンシートを巻いたものも雨が飛んだのか鳥が来たのか…1粒傷ついています。

 イタリアは日本の様な梅雨の時期がないため、雨よけについて神経質にならなくても良いのかなという感想を持ちました。とは言っても、連日雨続きになることはある。

 だからどのブドウ農家のどのブドウの木を見ても、日本で見かけるような白い帽子をかぶった房は見られないんだなと納得しました。

 どおりで園芸ショップで怪訝な顔をされたわけだわ(;^ω^)まぁでも、来年もオーブンシートで雨除けしてみるつもりでいますけど。

味見をしてみよう

 イイ感じに色づいて、口の中はもう唾液でいっぱい(笑)

これは味見をしなきゃΨ(`∀´)Ψ

 ザクッと半分に切ってみる…
果汁があふれて更によだれがドバーっ!

ジベレリン処理をしていないので種ありです★

 葡萄の横で輪切りになっている赤い実は、たぶん野ばらの実。

 バラを購入した際に土台になっていた接ぎ木が成長したものと思われます。4,5月には白い花を咲かせて綺麗だし赤い実もコロコロして可愛いので放置してあります。

 んで、なみなみと潤った甘そうなブドウを皮ごとパクっ!

最初に酸味が来て次に甘味!

 すっぱあまくて夏の果実って感じ。
美味しい~~~(∩´∀`)∩

 皮は厚くもなく薄くもなく程よい渋みがありました。

 この渋みがこれから作る赤ワインにどのようなタンニンとして出てくるか興味があります。

自家製ワインの為の情報収集

 ウチで出来ているブドウは全部で15房ほど。このまま家族4人で食べても良い量だけど、手間暇かけてない私たちの土壌で育ったコレがどんなワインになるのか試してみたい

 たとえ1Lに満たない量でも味わってみたい!

 そんな熱い思いを夫に打診すると、あっさりOK!

 イタリア語サイトで集めた自家製ワインの方法を私にわかりやすく説明してくれる係に任命ですw

 今週末にはすべての房がイイ感じの色になりそうなので、それから仕込みを始めたいと思います。

サルデーニャ4コマ漫画&締め

 話はサルデーニャ旅行に戻りまして、その時の4コマを。

 内容が新鮮なうちにと思ったので絵が少々雑になっています。ゴメンナサイ(;^_^A

本当に、心臓バクバクで(-_-;)

もしもの時”のアナウンスが各言語3分程度と長く、事の深刻さに不安で不安で…。でも、何事もなくよかった(ホッ)

 夫は重度の飛行機嫌いで、私が船嫌い。確かに揺れるときは飛行機も怖いんですけど、子供をパニックにしない為”怖い”という言葉は言わないようにしています(;^ω^)親は大変ですよねw

 でも…できるなら夫は船でサルデーニャに渡り、私と子供は飛行機で渡りたい(笑)そうできないのはお金…金だよ金っ(;´д`)

 それではまた~!ちゃお=(∩´∀`)∩

Googleスポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます!
みなさんにとって参考になるような記事であったら嬉しいです(#^^#)

イタリア生活リンクユニット
Googleスポンサーリンク
トップへ戻る