家でシバンムシが大量発生!徹底的に出所を探して駆除できた話

 小麦粉などに時々混入している小さな3㎜くらいの茶色の虫。台所の灯りに群がりだしたものの直ぐに居なくなるだろうと思っていたら全然その気配がなく、2週間3週間…。腹が立ってきたので台所のすべての棚を調べあげて自力で駆除してみました。

シバンムシ

 ※すみません、今日は虫の話です。

 虫の写真はありませんが、私が描いた漫画絵があります。虫が苦手な方はご注意くださいませ~。

 日本で販売されている小麦粉の中に、茶色くて小さな虫が混入していることがあるのかどうか分かりませんが、イタリアで販売されている小麦粉や米では10~15袋中1袋くらいの確率で遭遇するような気がします。有名な会社の小麦粉でも…です…。

 袋の中では死んでいる為、気付いたら取り除けばいい話で、気持ち悪いという事は無いんですけど、その会社のものは買いたくなくなりますね(笑)

 そんな虫が、いつの間にかウチの台所の電灯にわらわら集まるようになってしまいまして…(‘Д’)

原因は不明

 外から入ってきたのか、生鮮食品に付いていたのか…。

 そして、この事態のおかげで彼らの名前がシバンムシ(死番虫)だとGoogle先生に教えてもらいました。

なんだよ、なんなんだよ

 最初は家族全員が『あれ?虫が電気に集まってるね』ってな感じで、笑いながら私が取り除いていたんです。

こんな感じの細長い掃除道具で↓

角にいるときには、竹串を挿してエイッと。

 でもね、数分後にはどこからともなくやってきて、また井戸端会議を始めるヤツラ!!!

なめてました

 毎日台所の灯りを付ける夕方~夕食片付け終了で明かりを消すまでに5,6回は天井チェックして家からシバンムシを取り除く作業を2週間繰り返しても居なくなる気配がありません。

 この間、旦那は何もしないヽ( `皿´ )ノ

 3週間目にネットでシバンムシの生態を調べてみると、

灯りをLEDにすると寄ってこない
何でも食べる(特に粉類)

 うんうん。

 LEDの件はさ、むしろ集まってくれた方がまとめて駆除しやすいので、その助言は無視。

 そして…粉類を好む…⁈

 ここはイタリアだから、色んな種類のパスタの箱が食糧庫にいっぱいなのに…。

 遭遇覚悟で棚をチェックしたにも関わらず、半開きの箱にも全くシバンムシはいませんでした。

 とりあえず、ずっと放置している開封済みのパスタやチョコレート、汚れたランチョンマットなど、気持ち悪いものはすべて処分。

 見つけたのは、空間の死角に落ちていた穴だらけになったパスタが一つ。

 うーん。虫の出所が分からん。

 おまえら、どこから湧いて出てくるんだよ!

駆逐してやるっ!

 棚がスッキリでも、夕方からまたシバンムシさんがワラワラと集まるし、心はモヤモヤ。

 旦那、何かしろ~!

 4週間目、とうとう『手伝えよ』と彼に伝えて、本格的に台所全体…特に高いところのチェックを任せることにしました。

 私は、シバンムシが良く通る道付近の棚を担当。

 すると…!!!

 食べ物なんか入っていないBBQ小道具類が収納されている棚で、沢山の黒い点々が入った半透明のビニール袋を発見…。

 良く見てみると

(゚Д゚;)どしぇぇぇ!!!

私:い、いた。いたよ。ココに!
旦那:何が入ってる袋?Σ(゚д゚lll)
:…えっ?パーネ カラサウ…(パリパリした薄いパン)
旦那:……(しーん)
私:なんでこんなところに入ってるの?誰がこんなところに入れたの?いつから入ってたの?
旦那:……(無言でもくもく作業中)
私:(お、おまえかぁっ!)…ココに別袋があるけど、中見てよっ
旦那:…(恐々)
私:…何が入ってた?居る?
旦那:…(何かしてる様子)
私:ねぇ?(怒)
旦那:…コーヒーのカプセル。居るよ。
私:もう確認しなくていいから早く口を縛って捨ててっ(イラッ)

 面倒くさくて数年BBQしてないんだよね…。

 いつから放置してあったのか、いつから虫が入っていたのか、中で偶然袋の出口を見つけて出てきたんだろうかとか考えて、ぞ~~っとしました。

 一方、滅多にない機会だから、卵とか幼虫とか見てみたかったなという気持ちもあったりして…自分が良く分かりません(笑)

ウチの死番虫の形跡場所↓

繁殖防止

 彼らの巨大な巣は家の外に出したので、あとは、このとき巣から出ていたヤツラを我が家で繁殖させないような対策を講じることにしました。

 粉類はビニールに入れて、使う時もビニール付きのまま使うと舞い散る粉が床やビニール内に落ちるため、彼らのエサを減らせます。

 あとは、食品はいつもの場所にしまう。自分勝手に場所を変えないってことでしょうかね。

 今回の巣になったパンやコーヒーは、まさにいつもと違う場所に置いたのが長年忘れ去られてしまった原因ですもん!

その後

パーネ・カラザウはサルデーニャ島の薄パンです↓

 この作業後も、台所の電灯には相変わらずシバンムシが寄ってきて、まだ大きな巣があるんじゃないかと、まさかと思う場所を確認したり掃除したりしましたが、巣は見つかりませんでした。

 でも、こそこそ歩いている虫は片っ端から家の外へ出して、出してを続けていくうちに数が少なくなり、10日もすると一匹も現れないようになったんです!

 全くいなくなってから4日経ちますが、駆除成功みたい

 格闘すること1か月半以上。最初の取りかかりが遅かったなぁと反省しています。

 人体に被害はないから、むやみに殺生はしたくないと、仏の心すぎた。家族全員。

 最悪、引越しまで考えていたけれど自己解決できてよかったです。

 シバンムシって突然現れますからね…。
みなさんもお気を付け下さいませ。

 チャオチャオ~

最後まで読んでくれてありがとうございます!
みなさんにとって参考になるような記事であったら嬉しいです(#^^#)

イタリア生活リンクユニット
トップへ戻る