地理:国旗の爪楊枝を手作りして世界地図で国の名前と国旗を覚える。

18か国の国旗を並べたExcelデータ1ページ(A4サイズ)を作成。ダウンロードできるので良かったら使って下さい。覚えたい国旗に差し替えても構いません。ウチの園児と小学生の娘達はそれぞれ何かを考えながら世界の大きさを感じているようです。

Googleスポンサーリンク

国の名前に興味が出てきた

 こんにちは!

 今日は、手作りの国旗爪楊枝を使って世界地図にプスプス挿していく遊びの事を書きます。

 次女が最近国の名前を言うようになったので、重い腰を上げてみました(笑)

 みーこが国の名前を言うようになったきっかけは、パパがしているプレステのゲーム

 そのゲームでは様々な国のキャラクターを使うのですが、彼らの制服に出身国旗が小さく描かれているんです。そのゲームを見ていたら少しだけ国旗と国名がつながるようになったみたい。

でも、まだ彼女の頭の中は
世界?国?なにそれ?
という状態でしょうね(;’∀’)

 まぁ、それでも飛行機でイタリア⇔日本(実家まで)を片道20時間かけて旅行した経験を思い出させて、世界地図であそんでみたいと思います。

 以前書いた記事を、より詳しくしています。
ダイソーの世界・日本地図下敷きを子供と一緒に地理を学ぶゲームに使う

作ってみよう

 準備するものは

 世界地図…下で説明します
 ‐台紙(世界地図の大きさに合わせた段ボールや発泡スチロールなど)

 紙製国旗…下で説明します
 ‐爪楊枝
 ‐のり

世界地図

 世界地図の準備としては
国の形が良く分かるものを使うことをおススメします。

 アメリカ・カナダ・ロシアという広大な土地を持つ国はコピー用紙(A4)サイズの世界地図でも一目瞭然ですが、ヨーロッパ・アフリカの国々などは小さくなりすぎて爪楊枝を挿すと国からはみ出てしまう事もあります。

 また、国旗が密集し過ぎて分かりにくいという事にもつながります。

 ということで、最低でもA4サイズ2枚分くらいの世界地図がイイかと(^^)/
注意 国名無し
ちびむすドリル:カラー世界地図(A4×2枚)

 もっと広々と遊びたい方はA4サイズ4枚分。
このくらいあると、より沢山の国旗が挿せそうですね!
注意 国名あり
ちびむすドリル:カラー世界地図(A4×4枚)

どちらも無料でダウンロードOK。
ちびむすドリルさんには、幼児~中学生までの学習教材が沢山そろっているので本当に有り難いです。

 私は家にあった発泡スチロールの大きさの関係上A4サイズ2枚分で作成しました。

紙製国旗

 自家製の国旗ですがどうぞ良かったらお使いくださいませ(#^^#)
↓G8の国々+適当な国々の国旗を選んでみました。

 どちらもクリックするだけでダウンロードが始まります。
 →国旗Excelファイル(印刷サイズA4)
 ★Excelファイルは要らないよという方はコチラ
 →国旗PNG画像ファイル(印刷サイズA4)

 それぞれの国旗を切り取り、爪楊枝に糊で付けていけば国旗楊枝の完成です!

 ウチの場合、長女が幼稚園の時に特大の世界地図で同様の遊びをしたことがあり、破損していない国旗をいくつか残していたため、それも混ぜて遊ぶことにしました(^_-)-☆

遊んでみます

 先ほども書いたように、今回私たちが使った世界地図は国名が書かれていないタイプ。

 なので、超初心者のみーこはもちろん、小学生のさっちんにも難しいみたい…。

ということで、母!
良いこと思いついちゃった(#^^#)

ダイソー世界地図下敷き!

 小さい国々はちょいと見にくいですが、照らし合わせて国探し!

 それでも分からないときはGoogle先生へ聞いちゃいます(笑)

まとめ

 やはり”国名無しバージョン”は、みーこにとって激ムズみたい(;^_^A
広大な国とイタリア・日本以外は毎回お手伝いが必要なので、地図に国名の頭文字だけ書き足しました。

 国旗挿しを進めるときに、
●コアラが居るところ
●ピラミッドがあるところ
●サンタクロースが住んでいるところ
●カレーの国だよ
●ディスニーキャラが生まれたところ
・・・などなど、子供が分かりやすいヒントで関連付けてあげると覚えやすいかな~と思います!

 余談ですが、みーこは大好きなYoutuberのHIKAKINさんが日本人で日本に住んでいる事・日本の中に東京がある事に驚いていましたっけ(笑)

いやいや…
日本語話してるや~ん(;’∀’)

 もしかして世界中がイタリア語もしくは日本語を話していると思っている???(笑)

 それだと、海外旅行中の言語問題が解決するので嬉しいんですがね(笑)

 こんな感じで、
この遊びを通して何らかの驚きや発見があれば作った甲斐があったというもの。
作る作業はそれなりに時間がかかったので、もう数回は遊んで欲しいかな(笑)

 何か分からない事がありましたら気軽にコメントをください。
出来るだけ対応します(^^)/

 それではまた~~。ちゃおちゃお~

Googleスポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます!
みなさんにとって参考になるような記事であったら嬉しいです(#^^#)

イタリア生活リンクユニット
Googleスポンサーリンク

コメント

トップへ戻る