子供の忍耐力と創造力を自然に高めてくれるアイロンビーズで夏休みを遊ぶ

携帯ゲームやスマホで遊ぶ子供たちに、そのキャラ・アイテムをアイロンビーズで作ってもらうよう促せば、アナログでも楽しく遊べ、忍耐・集中・創造力をも育てていくことができます。最初は小さい作品から!大人は色を取り分けたり倒れたビーズを元に戻してあげたり、小さなお手伝いを!

Googleスポンサーリンク

アイロンビーズ熱再燃

 こんにちは(^◇^)こんばんわ

 長女さっちんが”干物妹うまるちゃん”というアニメにハマっています。

 外では眉目秀麗・学力優秀・スポーツ万能なんですが、家に帰ったとたんに本性であるゲーマー・寝るの大好き・ポテチとコーラが大好物・動くの面倒くさいといった女の子になっちゃうんです。

 私も一緒に見ていますよ(#^^#)

 一方みーこは…アイロンビーズにハマっています!

 ウチではときどきやってくるブームの1つで、激しく消耗する黒・白ビーズを最近大量購入したのでやりたい放題に作品を作っているところです(笑)

 一個一個並べていくのは手間がかかるけど、アイロンでビーズ同士をくっ付けた後の完成品を見るとニヤニヤしちゃいます!

集中力・忍耐力が伸びる

 ミーコ(5才)がアイロンビーズで”ちゃんとした”作品を作れるようになったのは、ここ1か月の話。

 それまでは『小さなビーズをつまんで決まった位置に置く』という単純行動の繰り返し中、指先が思うように動かなかったり、ちょっとの振動でビーズがバラバラ→元に戻す…で、忍耐力が切れてしまい最後までやり遂げられていませんでした。完成に至った作品はゼロ。

 パズルは得意な方でも、1ピースと土台の大きさが雲泥の差ですからね…。

 私は過剰なサポートをせずにいたので”アイロンビーズはイライラするから嫌いになっちゃうかなぁ?”とみーこについて思っていたのだけれど、大好きなスーパーマリオのキャラクター作りを一緒に始めてみたら徐々に徐々に指先の動きが上手になっていきました!

 ピンセットの方が使いやすいときにはビーズピンセットも併用しているようです。

パパの足が見てていますw

 この時作った作品は”パスタ”という名前で完成しました。
黒い鍋にパスタがあふれて、木べらでかき混ぜているところらしいです。

 鍋とパスタの量が合わずに、ときどきこんなことをしてしまう私を良く観察しています(笑)

作品を作るときの図案

 みーこがコレを作り始める前は、私と一緒にJr.クッパ(マリオの敵キャラ)の下部分からビーズを並べていました。

 マリオに出てくるキャラやアイテムはインターネットから拝借しています。

アイロンビーズ 〇〇←キャラ名”で検索すると大抵出てきます。

 今回のJr.クッパは土台(大)ぎりぎりいっぱいの大きさになりました。
大きいものほど土台を複数用意しなければならないので図案選びにはご注意!

 そんなこんなで、子供部屋の壁一部にキャラが増えて更に楽しくなりました♪

オリジナル作品を作って創造力アップ

 自分が思ったようにビーズを並べてオリジナル作品を作ってみるのもおススメです。

 ↑さっちん作品の一部ですが、鉄華巻きの裏に強力マグネットを付けると実用的になります!イヤリングも小ぶりでカワイイ

↑約5000個のビーズと12枚のプレート付きで楽しそう!

立体的に組み立てることもできる

 Youtubeで見たアイロンビーズ作品のまねっこで、ハンドスピナーとネコちゃん。

※小さいハンドスピナーの方が良く回ります
※ネコパーツ同士をしっかり付け合せるのにグルーガンを使っています

アイロンビーズの弱点

 ●アイロンでしっかりビーズを溶かしたあとすぐに、分厚い本などで重しをしないと冷えるときに形が反り返ってしまいます!

 重しをしたら作品が冷えるまで放置しましょう~。
この特性を利用して、ワザと曲げる作品を作ることもできます!

 ●出来上がった作品は落とさないように!

 大きい作品・長細いパーツがある作品は落ちただけでポキッと折れることがあります。

まとめ

 出来上がった作品ははがせる両面テープ 壁紙用で壁や冷蔵庫に貼ったり、 貼らない場合は袋や箱に入れてガチャガチャかき混ぜないように扱うと壊れる危険が減りますよ。

 また、ビーズを買い足すことがあれば単色で買うのがおススメです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイロンビーズ 黒・くろ 単色袋入りビーズ [S13] 約1000個入
価格:144円(税込、送料別) (2018/5/30時点)

 単色買いは色を探す手間が省けるし、残量が分かりやすい(^_-)-☆

 そうそう!
ダイソーさんにも連結可能なプレートが売ってありました(2017夏の話)

 大きめ作品に挑戦したいときに良いですね(#^^#)

 みなさんも、子供さんと一緒にカワイイキャラやアイテムを作ってみて下さい!
私のように大人の方がはまってしまうかも…ですw

 それではまた。ア プレスト~。

Googleスポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます!
みなさんにとって参考になるような記事であったら嬉しいです(#^^#)

イタリア生活リンクユニット
Googleスポンサーリンク
トップへ戻る