ダイソーの世界・日本地図下敷きを子供と一緒に地理を学ぶゲームに使う

 たった108円で買ったダイソーの地図下敷きが子供の”世界への興味”を引き出してくれたので、それを使って各国の国旗・どこにどんな国(県)があるというのを覚えられるようなゲームを手作りしました。大人も楽しめるのでおススメです

Googleスポンサーリンク

子供の”全世界”とは

 現在世界には196の国があり(日本が承認している世界の国の数)、72億もの人々(更に増加中)が今この瞬間に自分たちと同じように地球上のあちこちで暮らしている…なんて、子供にとっては

「( ゚Д゚)ハァ?」ですよね(笑)

  子供にとっての全世界は自分の行動範囲

 世界がどうなっているなんて知ったこっちゃない・考えた事もないってのが大多数の子供にとっては当たり前。

 ウチの場合、家庭内で”日本”・”イタリア”という国の名前がしょっちゅう出てくるという事と、20時間かけて飛行機で日本⇔イタリアを行き来するという事もあって、この2つの国だけでも何処にあるのか覚えてくれたらいいなという思いをなんとなく持っていました。

世界地図・日本地図下敷き

 ↓数年前の日本滞在中に偶然見つけたダイソーの世界地図・日本地図下敷き。
長女が幼稚園の頃の話です(次女は0歳)

 シャーペンの先を使って

  • 自分たちが今どこにいるのか
  • ココには〇〇ちゃんが住んでいる
  • この国(県)は△△が有名/冬が無い/□□という動物がいる/夏にクリスマスがある…etc
いろいろ話してあげました。

 子供が思っている常識から外れた国々のことを話してあげるととても驚いてくれるので楽しいですよ(笑)

世界地図には国名がぎっしり

国旗で記憶力ゲームを手作り

 国に興味を持ち始めたある時から長女が日本とイタリアの国旗を描くようになったので、”しめしめΨ(`∀´)Ψ”と他の国の国旗も覚えられるようゲームを手作りしたんです。

 その作り方を公開します!

<用意するもの>

世界地図
国旗
 ★下から無料でダウンロードできます!
 →子供学習用 世界地図
 →超簡単なミニ国旗の作り方
Excelなどが使える方は自作すると種類が増えそうですね!
段ボール&カッターナイフ
(↑厚みのある発泡スチロールでも♪)
爪楊枝を国旗の数だけ
ボンド/のり
(あれば)マスキングテープ

カッターナイフを使うのでケガに注意!!!
大人の方が作ってください(^_-)-☆

  何かあっても私に責任は負えませぬ…

追記

 後日、久しぶりに触るExcel(Office2013)で18国旗が入ったファイルを作りましたので、世界中の国旗に入れ替えて、爪楊枝国旗をたくさん作ってみて下さい!こんな感じです↓

不具合がありましたらお知らせくださいませ(;´д`)

国旗Excelファイル(印刷サイズA4)
クリックするとダウンロードが始まります

 Excelファイルは要らないよという方はコチラ
国旗PNG画像ファイル(印刷サイズA4)
クリックするとダウンロードが始まります

世界地図の土台作り

①印刷した世界地図に合った段ボールを用意し、それに合わせて鉛筆で線を引く。
②少し大き目に2枚分切り取り貼り合わせる。
(厚み1㎝以上の発泡スチロールなら1枚でOK)
③その上に印刷した世界地図を貼って土台完成!

つまようじに国旗を付ける

 印刷した国旗を切り取ってつまようじに巻き、糊で密着させて完成!

世界地図と合わせて遊ぶ

 あとは、国に合った国旗楊枝をプスプス土台に挿していくだけです。

 一度挿すと穴が開きますが、次回からのヒントになるので気にせず(^^)/
子供にとってはレベルが容易になるのでOKです。

 ブルネイ/パプアニューギニア/マダガスカルなどの小さい島々、覚えやすそうな名前の国を足すのも楽しいですよ!

日本地図下敷きでパズル

 今度は日本地図下敷きを使ってパズルなんですが…

  各県を切り分ける作業が面倒くさかったので、これはアプリを使ってパズル遊びをしました。
先に下敷きを使って県名を覚えます(^^)/

 おススメはコチラのアプリ!
県名が漢字で書いてあるのでみーこには特徴的な形の県しか覚えられませんでした(;’∀’)

あそんでまなべる 日本地図パズル
あそんでまなべる 日本地図パズル
開発元:Digital Gene
無料
posted with アプリーチ
楽しいんですが、園児にはちょっと地味過ぎて飽きるのが早かったです(汗) 小学生の長女は何度か続けて遊んでいましたよ^^

地図で遊んでみての感想

 国旗遊びはスケールが大きいので沢山遊びました!

 また、コレを作ったときがちょうどオリンピックの時期という事もあって、テレビで見る各選手のゼッケンや順位表の国旗でどこの国の人か言い当てたり、という事もしました。

 オリンピックじゃなくても、フィギュアスケート・サッカーの国際大会でも使える遊びです!
ニュース番組でも各国の国旗が映し出されることもありますものね(^^)

 イタリアの学校では下敷きを使うという概念自体が無いのですが、何かの間違いで小学校に持っていくカバンの中に世界地図Ver.が紛れ込んだらしく、子供たちの間でワイワイ盛り上がったそうです(笑)

 日本が世界のどこにあるか…。。。
知らない子が沢山いるので、彼らに知ってもらうためにも良かったかも(^◇^)

 最初の国旗遊びで使っていた段ボールは、つまようじを挿し過ぎてボロボロになった為処分したんですよね…。 なもんで、現在は↓こんなもので次女に世界を教えていますw

遠すぎて正確な位置を示せないのが欠点…
今度彼女用にもう一度世界地図土台を作ろうかな

追記

 後日、次女用にこの遊びを再開しました。
作り方・遊んだ様子を記事にしているので良かったら読んでください!
地理:国旗の爪楊枝を手作りして世界地図で国の名前と国旗を覚える。

 1人で作ると少し手間がかかるので、ハサミで切る作業ができるお子さんなら手伝ってもらったり(多少ガタガタしていても目をつぶるw)、のり付けを手伝ってもらったり、家族で作るともっと楽しいですよ!

 それではまた~~((((oノ´3`)ノ

Googleスポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます!
みなさんにとって参考になるような記事であったら嬉しいです(#^^#)

イタリア生活リンクユニット
Googleスポンサーリンク
トップへ戻る