手作り一覧

園児・小学1年生にくり上がりの足し算を簡単に教える工夫いろいろ

くり上がりの足し算の答えが分かり易くなるという”さくらんぼ計算”を知らずに、今まで幼稚園の子供と算数の勉強をしていました。この方法をだと計算数字が大きくなっても正しい答えが導き出せるようになるかもという期待を抱いて教えてみる事にしました。

ブドウの実で自家製ワイン。アルコール発酵終了後から澱(オリ)引きまで

庭で採れたブドウを使って自家製赤ワインを作ってみます(イタリア在住)。アルコールを生み出す発酵が終わった後の工程を写真を多く使ってご紹介していますが、素人なので間違っているところが多々あるかもしれません。現在、1回目の澱(おり)引きを終えたところです。

エジソン箸を卒業か?5才になってもお箸が使えない娘の練習経過報告

今まで見てみぬふりをして5才になってもエジソンのお箸を使わせていた次女に普通の箸を使えるよう練習を開始しています。まだまだぎこちないなりに、周りの声掛けのおかげで頑張る意欲は本人にあるようです。来年小学校=”給食で先生に褒めてもらう”という不純な気持ちもあるみたい(笑)

ブドウの実を使って家庭で自家製ワインを作る。仕込み2~4日目

垣根仕立てで育った庭のぶどうを使って自家製赤ワイン造りに挑戦中です。仕込み2,3,4日目の発酵の様子を記しました。21℃の環境で発酵させているため低温発酵になるのかなと思います。目に見えて勢いよく発酵している間のお世話で愛着が湧いてきました。試飲が楽しみです。

ブドウの実で家庭で出来る範囲で自家製ワインを作る。仕込み1日目

庭の無農薬ぶどうを使って赤ワインを手作りしてみる事にしました。ブドウの収穫~つぶして~発酵させる段階の様子を写真付きで書いています。つぶす作業は昔ながらの製法”足踏み”を採用しました。庭の土壌からどのような味わいの赤ワインができるのかとても興味があります。

自家製ワインを作ろう!庭のぶどうがイイ感じに色づき始めました

8月上旬、食べごろになってきた庭の品種不明ぶどうを使って手作りワインを作ってみます。ここはイタリアですから、もちろん日本の酒税法は適用されず”アルコール度数1%未満”を守らなくても良いのは作り手としてのテンションが上がります。まずは情報収集から!

夏休みの幼稚園生のお勉強は30分が目安。遊びだしても怒らない

イタリア幼稚園の夏休みも小学校に負けず約60日間。来年小学校にあがる次女に初めてとなる夏季特訓を試みています。勉強が楽しい印象で終わる事を心がけ、勝手に遊びだしても怒らず見守り、キリが良いところで次ページへの言葉がけをして前に進ませています。

手作り粘土玉で箸の練習を開始した5歳児 毎日1目標ずつ課しています

普通箸で本格的に箸使いの練習ができる指先の動きが備わってきたと感じたので幼稚園に通う5歳児に箸練習を開始しました。でも補助が無いとすぐにヤル気を無くしたので、遊びながら箸使いが上手になりそうな粘土玉を作り、色々なゲームや目標で上達に導きます。

子供の忍耐力と創造力を自然に高めてくれるアイロンビーズで夏休みを遊ぶ

携帯ゲームやスマホで遊ぶ子供たちに、そのキャラ・アイテムをアイロンビーズで作ってもらうよう促せば、アナログでも楽しく遊べ、忍耐・集中・創造力をも育てていくことができます。最初は小さい作品から!大人は色を取り分けたり倒れたビーズを元に戻してあげたり、小さなお手伝いを!

Googleスポンサーリンク
トップへ戻る