イタリア周遊旅行/ミニ交換留学?毎日が日本語環境だった2週間

日本から家族親戚が遊びに来た為、その間ずっと日本語のみの生活でした。話す相手によってイタリア語と日本語をコロコロ切り替えられる子供の順応性を羨ましいと思う反面、我が家で行ってきた教育の正当性を認められた気がして誇らしくもあった2週間。

Googleスポンサーリンク

我が家に日本人が大勢やってきた

 こんにちは、こんばんわ(^◇^)

 しばらく更新できていませんでしたね。

ゴメンナサイ。。。

 実は、タイトルにもあるように日本からお客様が遊びに来ていまして、その間のんびりパソコンさわっている暇なんて無く、あっという間に時間が過ぎておりました。

 日本からのお客とは、両親と弟家族の計5名。
ウチの家族を合わせると合計9名!!!

 狭い我が家で、通常寝具+ソファーベッド2台を広げ、トイレもお風呂も一つずつしかない環境(;’∀’)

 食事作りや後片付けもいつもの倍以上、もちろん掃除の頻度もUP(笑)

 最初で最後になるだろう大所帯での2週間生活でしたがなかなか楽しかったです(#^^#)

子供の言語切り替え能力

 今回、イタリアの我が家で日本語が沢山飛び交う環境になったわけですが、ウチの両親の到着の瞬間から子供たちはずーーーっと戸惑うことなく日本語のスイッチハイパワーモード!

 そして、イタリア人のパパや親せきと話すときはイタリア語モード。

 話す相手によって自由自在に言葉を操る姿を見ると、ほんとの本当に羨ましい…。

 私のイタリア語力は圧倒的な差で完全に9歳のさっちんに抜かれているし、5歳のみーこもデタラメ文法を使いまくって→訂正されながらどんどん話が上手になってきているし、家族で最下位になる日も、そう遠くないでしょうねぇ( ;∀;)

 日本に行くとイタリア語がすぐに出なかったり、逆にイタリアだと日本語+イタリア語Mix文を話していた子供たちにとって、今回の体験はどちらも同じくらいの割合で使うことが出来る良い環境でした。

 また、おしゃべり盛りでひょうきんな従妹4歳からも、子供同士の会話を通して沢山の言葉や歌を知る機会になったし、たった2週間とはいえ四六時中寝食共に過ごしたおかげで中身の濃い~日本語生活ができました(^◇^)お土産もどっさりもらって食材や洋服が潤ってますw

 この従妹もイタリア語を少し覚えて帰ったし、ミニミニ交換留学みたいになりましたわw

イタリア6都市周遊旅行

 話は変わりまして、弟のお嫁さんがヨーロッパ初上陸ということもあり、彼らがイタリア滞在中に国内6都市を訪問しました。

 時差ボケが有りながら10日で6都市を回るのはなかなかハードだったでしょうね(;^ω^)しかも子連れ

 せっかくイタリアくんだりまで来たんだからコチラも色々見せたいし、弟がアレもコレもと欲張るもんだからこんな計画に…。

 ザザッと旅行中の写真を載せておきます!
旅行の動画はYoutubeおぽんてこチャンネルにUPします^^ 良かったら見てみて下さいm(_ _)m

 ●ベネチアでゴンドラ体験

 ●フィレンツェ

 ●ローマ

 ●パルマでチーズ工場見学

 スパゲッティにかける粉チーズのアレです
パルミジャーノ レッジャーノ

 ●ワイン工場見学

 当然試飲Ψ(`∀´)Ψウマウマ

 ●ローマの有名店にて@FELICE
トロトロ濃厚な舌触りで美味しかった

 9人というプチ団体で旅行中のレストラン、お土産屋さん、工場見学では、さっちんが通訳として大活躍

 イタリア語も日本語もどちらも十分に日常会話ができるのは9歳の彼女だけなので、いやはや…本当に強力な助っ人でした。
すごいね、あなた (/・ω・)/ん?誰のおかげかね?と言ってみたくなるw

雑談~

 ウチの両親は(さっちん・みーこが)子供だから・イタリア人だからと気遣う様子は全くなく、難しい言葉も遠慮なしに使いまくっていましたが、子供はそれにもきちんと対応or質問したりで私はビックリでした。

 いつも私は「こんな言葉を言っても意味わかんないだろうなぁ。分かりやすく他の言葉に置き換えてあげよう」という意識が頭のどこかにあって、子供と話すときはかみ砕いて話していたんです。

 正直に言うと…
それってどういう意味?」という質問に対する答えが面倒くさかった対応とも言えます(;^ω^)

 幼稚園生のみーこにはそれで良いかもしれませんが、9歳のさっちんには改めなきゃいけない態度だなぁと反省しました。

 難しい熟語を使えば最初はいちいち説明しなきゃならないけれど、いつも使っていれば通常の言葉として使い慣れるものになるものですしっ!

 バイリンガルになるとは、そういうことですものね。

 今回、さっちん・みーこが日本語に困った様子もなく話す姿を見て、今まで彼女たちと一緒にやってきた家での日本語教育が認められた気がして嬉しい気持ちを感じました。 だから、彼女たちが成長して中学~高校生になったときには年齢に合った表現や言葉遣いが出来るようになってほしいという次への目標も見えたので、それに向かって日々の努力を積み上げていこうと思います。
すみません。私の決意表明みたいになってしまいました(汗)

 ではでは、更新頻度は通常に戻ると思いますのでこれからもよろしくお願いいたします!
チャオチャオ(^◇^)

Googleスポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます!
みなさんにとって参考になるような記事であったら嬉しいです(#^^#)

イタリア生活リンクユニット
Googleスポンサーリンク
トップへ戻る