日本からイタリアへ戻ったら9月子供たちは新学年へ

イタリアの夏休み3か月間をめいっぱい使って日本生活を満喫してきました。小学校入学はもちろん、他県への旅行・催し物への参加など、イタリアでは経験できない事を両親・子供たちと一緒に楽しみましたよ。

Googleスポンサーリンク

イタリアに戻りました

 ご無沙汰しております。

 日本に一時帰国している間にブログ更新する予定で、絵を描くタブレットとか必要ソフトをメモったモノとかを私と一緒に日本へ持ち込んだのだけれど、とうとう一つも書けないままイタリアに戻ってきてしまいました。

 一応、日本で起こった出来事ネタはいろいろ書き留めていますが…

 優しい皆様:新鮮味があるうちに、ちゃんと書くよね?

 で、できるとこまで頑張ってみます(◎_◎;)

小学校への入学体験

 今回も里帰りのたびにお世話になっている小学校へ通う許可を校長・教頭先生から頂けたため、サッチン・ミーコは無事に日本の小学校体験をする事が出来ました。

 ミーコに至っては、人生初の小学校
※イタリアの小学校は9月始まりの為、誕生日の関係で日本の小学校を先に経験することになった

 謎の声:?意味わかんない。分かりやすく説明できないの?

↓つまりこういう事

 サッチンは人生最後の日本の小学校!

 同じ学校へ体験入学3度目という事もあって、担任の先生が「サッチンさんが来週このクラスに来ますよ」と生徒たちに言った瞬間、どよめき&嬉しい雄たけびが飛び交ったそうです。

 歓迎モードでホッとしました。

 もうすこし詳しく書きたいのですが長くなってしまうため、この続きは後日書きますね。お待ちください~(^◇^)

4コマ漫画

少し描いてみました(^^)

日本で吸収したこと

 日本での初めての夜から、実はもう帰りの事を考えて落ち込んでいたサッチン。

 イタリアへ帰る10日以上も前から、「イヤだ、イタリア帰りたくない」の連呼&毎夜号泣。本気で日本に残りたい様子でした。

 今回89日間も日本にいたので、いろんなことを見て聞いて学んでやってみて、毎日数多くの事を何かしら吸収していた子供たち。

e-sport/トリックアート美術館

 ワイドショーを喜んで(?)見たり、楽しみにしているテレビ番組が毎日のようにあったり、お使いしたり、友達の家へ遊びに行ったり、毎週必ず家族でどこかへ出かけたり…。

イタリアとは違って楽しい事ばかりある~

 とは、子供たちの言葉。

 コレを聞くと、次の2年後の里帰りでは”どんなビックリ体験させちゃろか”と計画を練らずにはいられないです(*^-^*)

事情の違うミーコ

 小学校楽しい、おじいちゃんおばあちゃんと遊ぶのが大好き、日本のお菓子が大好きなミーコですが、彼女はイタリアに帰りたい気持ちが少なからずあったようで…。

 こんなに楽しい日本から帰りたい理由… それは

イタリアの家で
プレイステーションをしたい

 おいおい…そんな理由で、こんな楽しい毎日を捨てるのかい?

 いっそのこと日本でプレイステーションを買ったら完璧になるのでは…(笑)?

 いや、そうするとイタリアの魅力が彼女にとってゼロに近くなるかもしれないのでやめておこうか(笑)

 イタリアね…嫌いじゃないけれど、住むとなると娯楽大国の日本と比べてしまうのよ、どうしても…ね(お金を貯蓄するにはいいとこよ)

Googleスポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます!
みなさんにとって参考になるような記事であったら嬉しいです(#^^#)

イタリア生活リンクユニット
Googleスポンサーリンク
トップへ戻る