驚き!小5算数で素因数分解や累乗を習うイタリア教育

 日本の小学校算数と殆ど変わりない進み具合で5年生まできたのに、急に”数学”要素を習いだしたので驚きました。しかもサラッと終わったらしく、イタリアの算数教育の力の入れ方に少々不安を持ち始めています。我が家は我が家で対応するのでまぁどうでもいいか(笑)

Googleスポンサーリンク

イタリア小学校の算数

 みなさん こんにちは(^^)/

 今日は算数の話題を。

 サッチンは現在イタリアの小学5年生で、来年は中学1年生になります。

 そう!
イタリアの小学校って5年間で終わりなんです。 

 そんな小学校で習っている算数。今まで日本で習う以上のものは無かったのに急に数学要素の単元が出てきてビックリ!

 私的に5年生では知らなくても全然良いと思っていますが、イタリアの教育委員会(?)から先生方に与えられた学習要項にはそれが必要だと書いてあるんでしょうね。

5年生で習う数学要素

割る数・割られる数の関係

 左ページの表は左から割る数・説明・例となっていて、右ページはその練習

2:偶数の場合
3:各数字を足しすと3の倍数になるの場合
4:00で終わる数or4の倍数の場合
5:0か5で終わる数
9:各数字を足しすと9の倍数になる場合
10:0で終わる数

 これはね(^_-)-☆
割り算をするときに素早く”余りが出るかどうか”を判別することができて便利なので、今から知っておくのも悪くないと思います。

素因数分解

 そういえば、少し前に素数について学んでいたなぁと思い出しました。素因数分解へ話を持っていくためだったのか。

 素数を知って、数字を分解できたとして…小学5年生が何に使うことができる?

累乗

 コレを見た時が一番衝撃を受けました。

 この累乗って日本だと中学1年生で初めて出てくるんですが、私は大学までずっとそれを使っていた学部だったので算数の枠を一気に飛び越えた感じがしたんですね。

 たしかに意味も理解しやすく計算も簡単ですが、小学5年で必要…ではないでしょう?的な…

↓こういうのもありました

 小学校で必修なのが理解不能(‘Д’)

あー、足りない

 この嘆きは全教科に当てはまるんですが、今日は算数の話なのでね。

↓たとえばコチラ

 約数・倍数は日本でも5年生で習う単元で、「お!ようやく習ったか」と思ったら勉強はココで終了。

いやいやいやいや!
公約数とか公倍数とか、最大公約数とか、最小公倍数とかやらないの?

もうほんの一歩踏み込もうよ。
5年生だったら理解できるはずだよ。

素因数分解を習わせたんでしょ?
役立てないの?

(素因数分解ができると、最大公約数・最小公倍数を簡単に知ることができます)

 あっ。。。
もしかして、表面だけをちょこちょこっとなぞっていくスタイルがイタリア式???

 そう思うと、いままでイタリア算数でぽたぽた漏れていった細かい単元のことにも納得がいくわ。

 日本の子がイタリアで算数を学ぶと楽勝かもしれません(小声)

イタリアの時間割

 そんな授業内容なのに、一日4時間とか算数の授業がある曜日もあるのが現状です!一日4時間算数を習うとか、大学で数学科でもなければ殆どなさそうなんだけど。

 というのも、どうやらクラス全員の子の足並みをそろえているらしく、理解していない子がいたら、その子が理解できるようになるまで時間を使っているみたい…。

 4時間の授業でノートに書いたのがたった3,4ページだけ、次の単元に行くにも欠席者がいたら次の授業の日まで待ったりなんてこともあるんです。

 分からない子が置いてきぼりにならないのは良いなと思いますし、既に理解している子も友達に教えることでさらに自分の実になるので悪い事ではないですよね。

 それがイタリアスタイルなんだと思う事で私は納得できるようになりました。

 それが嫌なら自分の子だけ勝手に勉強させたらいいじゃん♪

日本の学校へ通うために

 我が家でのサッチンは週末土日に日本の学校用の算数と国語の勉強をしている為、イタリアの授業で習わない単元でも知っていることが多いです身に付いているかは別にしてw

 それをしないと次に日本の学校へ体験入学をしたときに恥をかくのは自分ですからね。

 先ほども書いたように、日本の算数はイタリアの算数内容を大きく包んでいるため、これからお子さんがイタリアで1年生になる…という方は授業内容についてはあまり心配されなくてイイかと思いますよ!

↓こちらはウチで使っている教科書準拠算数ワーク

教科書が無いまま勉強するときは教科書準拠のタイプを使っています。

 イタリア算数で驚いたという記事でした!

 それではまた(^◇^)
チャオチャオ~

Googleスポンサーリンク

最後まで読んでくれてありがとうございます!
みなさんにとって参考になるような記事であったら嬉しいです(#^^#)

イタリア生活リンクユニット
Googleスポンサーリンク
トップへ戻る